植物細胞の浸透圧などについて勉強しました

細胞について勉強しました。膨圧が細胞の浸透圧と同じになると、細胞の吸水力は0となります。このときの細胞の浸透圧と膨圧、原形質の体積との関係をグラフにします。また、蒸留水中での植物細胞の吸水力は次の式で表されます。植物細胞の吸水力=細胞内の浸透圧−膨圧です。膨圧は、植物細胞が形を維持するために不可欠です。このことは、シャジクモ類の節間細胞(節と節の間は1つの細胞であり、節間細胞と呼ばれる)を用いて確かめることができます。シャジクモの節間細胞をビニールテープを用いて、台の上に水平に固定します。この細胞に蒸留水をかけると、細胞内に水が入り高い膨圧が発生するため、細胞は形を維持しています。これに7%のスクロース水溶液をかけると、細胞から水が奪われて膨圧がしだいに下がり、細胞が下に曲がります。やがて、全く形を維持できなくなり台の壁についてしまいます。しかし、蒸留水をかけると膨圧が再び発生し細胞はもとの形になります。勉強になりました。ミュゼ VIO

小池さんが当選した後のことが気になりました

もしも小池ちゃんが都知事に当選するといろんなことが覆りそうな気がします。取り敢えず阿部首相とは不仲とおっしゃるので、首相の言うことを聞いてくれず阿部政権の実情が揺らいでしまうことが考えられます。
例えば潤沢なファイナンス実情を盾に、どっかの何を言っても聞いてくれない某一行政の首長のように振る舞われてしまうと窮するでしょう。
いくらなんでも独立をちらつかせるようなことはしないと思うのでその点は心配しなくてもいいでしょう。
どんどん前知事の舛添ちゃんが勝手に韓国の大統領と約束したことを白紙に戻すでしょう。これは東京にとっては大きなポイントだから選挙日にち内側はクルマ後からマイクで何度も叫ばれるに違いありません。
五輪関連の厄介も諸悪の原料のようなスタンスをされているこれまた不内側見方のある森元首相を縁のクライアントへ追いやることは目に見えていますから、色んなことがスムーズに運ぶようになるでしょう。
そしてネタは当選すれば議会を解散すると出馬面談ままコミットしているとことなのですがわたくしには何故、議会を解散しなければならないのかの説明が不足しているように思えます。
単純に考えれると都議選に落選し浪人内側のヒューマンや新たに出たいという議員予備軍辺り、早く都議選挙がしよ方々の票を誘い込むのが主目的ではないかという気がします。