夜の入れ換えシェイプアップ〜1週過ぎで忍耐の限界に〜

丈夫診断を前に、2ウィーク前から夜だけ入れ換え痩身をしています。夜は炭水化物をなるたけ取らず、代わりに高たんぱくのサラダチキンを取るという戦法だ。会社から帰ってきて食事をつくるせいで採り入れるのも遅くなってしまうのを遠ざけるために、休暇に常備菜を何元か作っておいて彼が戻る前に一人でもランチタイムを取り去る…ということをしていました。初めの2お天道様ほどは寝る前の空腹でようやっとなりそうでしたが、3お天道様まぶたを過ぎるとだんだん体躯も慣れてきました。ウィークデーが過ぎ、ウィークエンドでまた常備菜を大量に作ります。そして2ウィークまぶたに突撃し、健康志向の常備菜で夜のランチタイムをとっていましたが、うちの悪いことに彼が来訪に出て、自らおんなじ惣菜を何度も食べなければならないことが続き何とか忍耐の盛りだくさんが来ました。昨夜会社でいつもよりも1日にち幾分ほど遅れて帰ってき、食事を作ると言っていたのですが彼にほだされて外食に行ってしまいました…しかもとっても食べてしまいました。普通週間に2,3回は外食に起きるので、その希望もたまっていたことがあり、前日一気にぶちまけた格好となりました。丈夫診断はあと5お天道様下部だ。今までの努力が報われる格好になるか…しばし頑張ります。キレイモ 予約

電流がつくる磁界と電流が受ける力について

磁界などについて実習しました。磁針のN極が示す道のりをその点の磁界の道のりといいます。鋼鉄の針を磁石で一定の道のりに擦ると、針がちっちゃな磁石になります。擦る磁石の道のりと磁極によって、できた磁石の極は変わります。つくった針の磁石を水に浮かべて自由にすると、方角磁針のように南北をさします。鉄の針の中に生じるちっちゃな磁石が磁石で擦り付けると整列するので、全容が一つの磁石になります。磁界ミドルの導線に電流を押し出すと、導線に情熱が行ないます。2つの磁界の道のりがおんなじシチュエーション、強い磁界が生じます。2つの磁界の道のりが抗戦のシチュエーション、か弱い磁界が生じます。電流が乗り越える情熱の道のりは、磁界の激しい周りから情けない側に向かいます(磁界のしょうもない周りへコイルが働く)。磁界の道のりを左側の人差し指、電流の道のりを左側の中指に合わせると、親指の道のりが電流に働く情熱の道のりになります。このようなことを覚えましたが知らないことがたくさんあったので、大いに勉強になりました。ミュゼ 足